2007年12月7日金曜日

【アンチャ】『アンチャーテッド』をクリアしましたよヽ(*^∇^*)ノ

先日発売された"PLAYする映画"こと「アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝」をクリアしましたよヽ(*^∇^*)ノ

良質な映画(ゲーム自体はB級のノリですが)を見ているように、作品の世界の没頭してしまい、先の展開も気になったので、思いのほか早く終わりました。

つことで、最後までやってみた感想を簡単に書きたいと思います。

いやもう、スゴイの一言ですね・・・( ̄□ ̄

まず、やっぱりグラフィックがすごいです。

艶やかな葉っぱ、木漏れ日が漏れる生い茂った樹木、湿って苔むした岩肌、夕日(?)に輝く海、レンガ造りの壁、石畳の通路、暗闇を照らすライト、顔や服の皺、筋肉や血管の筋などなど・・・
質感が素晴らしく、細かいところまで作りこまれているので、まるでその場に自分がいるかのような気分が味わえる程です( ̄□ ̄

その中で繰り広げられる宝探しは、行く手を阻む仕掛けが実にゲームらしいものではあるものの、主人公の超人的なクライミング能力から閉所を抜ける時のさりげない仕草まで、しっかり作りこまれたモーションや、素晴らしい声優、俳優の演技や演出などにより、冒険物の映画によくあるような危機一髪を乗り越えたりする興奮がたまらないですし、徐々に宝物に迫っていくワクワク感だってかなりのもの( ̄ω ̄
遺跡の仕掛けやイベントシーンなどが、そういうものを得られるような、絶妙な演出になっているんですよねヽ(*^∇^*)ノ
これは、「インディージョーンズ」とか好きな人なら、本当にワクワクしながら遊べるのではないでしょうかヽ(*^∇^*)ノ
(ちなみに、私は大好きです「インディージョーンズ」( ̄ω ̄)
『プレイする映画』というキャッチコピーは伊達ではありません。



次に、主人公の命を狙う敵との銃撃戦が楽しいですね。
ボタンと左スティックを組み合わせて障害物に身を隠したり、障害物から障害物に移動したりが簡単に行えて、物陰の隠れながらの銃撃戦が簡単に楽しめて凄くイイ。
それに、敵がコチラの攻撃に反応して物陰に隠れたりするので、例えば

物陰から銃だけ出して敵に向けて発砲し、敵を障害物の向こうに押し込む

その隙に、障害物の陰に隠れながら移動

敵がプレーヤーを見失って固まっているところを、背後からドロップキック!

なんてことが出来たりして、ただ戦っているだけでも、いろいろな攻略方法があって実に楽しいヽ(*^∇^*)ノ
(ついでに、主人公も敵の攻撃に反応して「わっ!マジかよっ!」とか叫んだりします( ̄ω ̄)
加えて、豊富なモーションの格闘技も繰り出すことが出来て、操作していて楽しいです。
アクション映画の主人公になった気分になれますね(`・ω・´)



次にストーリー!

こういった、冒険物の映画等によくあるストーリー展開ですが、だからこそより作品に没頭できましたヽ(*^∇^*)ノ
それぞれにキャラが立っている登場人物が織り成すムービーシーンは、声優の素晴らしい演技も相まって、一つの映像作品を見ているようで、実に見ごたえあります。
特に、主人公の相棒であるサリーがイイカンジですね( ̄ω ̄

そして、(賛否両論ある)物語終盤は、スタッフがメイキングで作りたくないと語っていた感じになってしまっているのが突っ込みどころではありますが(笑)、暗闇という状況も相まって、恐怖感や危機感が凄く、だからこそ、なにがなんでも悪者共を阻止しなければという、ある種使命感のようなモノが感じられる展開で、本当に映画のヒーローになったようでとてもよかったヽ(*^∇^*)ノ
(ついでに、戦闘の幅も広がりましたし(*´艸`))

ただ、お前今まで全然出てきてなくて、つか名前なんだっけ?ってほど影薄かったのに、なんで最後になって突然、そんな重要キャラになってるんだっヽ(`Д´)丿と突っ込みたくなる奴がいたのが、ちょっと気になりましたが(*´艸`)

あと、ストーリーが短いといわれますが、繰り返しプレイしたくなるゲームなので、長さ的にはコレくらいが丁度良いと感じました。
宝物の収集や報酬の解除といったやりこみ要素もありますしね。

という感じで、私的にはとても、とても満足できる作品でしたヽ(*^∇^*)ノ
続編の話があるようですが、私も早くも続編に期待してます(*´艸`)


そして、これらストーリーや戦闘をより楽しいものにしてくれる要素として、システム面も親切なことが上げられます!

ゲーム起動直後にロードが入る以外は、ロード時間を体感することはありませんし、何処に向かえばいいかをさりげなくカメラの向きで示してくれたり、詰まっているとヒントをくれたり(オプションでOFFに出来る)して、さくさく進んでいけるほか、
チェックポイントも結構用意されていて、もしゲームオーバーになってしまってもやり直しが苦になりにくく、また前回のチェックポイントからやり直したいと思ったときに、「1分以内」など、どれ位前からやり直しになるか表示してくれて非常にありがたいです。
オートセーブなため、セーブの煩わしさを感じずに済むのも良かった。
こういった快適性により、ゲームや物語への没入感がより高まってます。



続いて、残念だった点をまとめて・・・

ゲーム開始直後に、テクスチャデータの読み込みが完了していないのにゲームが始まってしまうため、グラフィックが数秒間、極めて粗くなるのが気になりました。
これは、ものすごく気になるので調整しておいてほしかったかな(’’

あと、特典ムービーで、恐らくタイトルが「未知の島」かと思いますが、"未"が文字化け(?)しているので、ちょっとマヌケでした( ̄ω ̄

こんなところか(’’


いやホント、買ってよかったこのゲームヽ(*^∇^*)ノ
アクションゲームや、特に冒険物が好きで、PS3を持っているならやらないと損ですし、むしろ本体ごと購入してでもやるべきソフトだと思いますよ(・ω・


以下関係ない話題↓

主人公の声は、「プリズンブレイク」のマイケル・スコフィールド役の人なのですが、同じ人が演じているとは思えないほど三枚目な主人公とマイケルとのギャップが個人的には面白い( ̄ω ̄
(まぁ、マイケルそのままのシーンもあったりしますが( ̄ω ̄ パナマの刑務所とかその声でいわれるとね、もうね(*´艸`))

0 コメント :

コメントを投稿