2008年3月20日木曜日

【ACfA】フォアンサー買いました(・ω・



『ホワイトグリント』が映るSS、夕日か朝日か・・・それが反射する白い機体が、
翼のようなバーニアの炎の存在も相まって、とても美しく、まるで天使の様に見えます( ̄ω ̄
(まぁ、実際は白い悪魔ですが(-ω-;)

コンバンワ、管理人です。

この程発売された、ハイスピードロボットアクションゲーム『アーマードコア フォーアンサー』を、
早速プレイしましたよo(・ω・o

ブログの更新を忘れて夢中でプレイしていたため、とりあえず1周目をクリアしました。
マルチエンディングのようなので、他のエンディングが楽しみです。

まぁそれはいいとして、早速感想ですよ( ̄ω ̄


とりあえず、やはりオープニングムービーのクオリティーはもう神ですね。
「国内最高峰のクオリティー」と言っても過言ではないのではないでしょうか(`・ω・´)
(いや、実際はどうか知らないですけど( ̄ω ̄)

ただやはり、構成が悪いのが気になりました(´・ω・`)
まず、何故かヘリで運ばれているライフルに始まり、
何故そこに居たのか分からない敵への、嫌がらせみたいな攻撃・・・
アームズフォートに取り付いたかと思ったら、何もできずソッコーで落下・・・
意味があるように見えない『アサルトアーマー』の発動・・・

折角の美麗なムービーなのに・・・もったいない(´・ω・`)



つづいて、本編!

本作には、前作からパワーアップした点が幾つかあるのですが、
最初に実感できるのは、やはり目玉は『大破壊エンジン』によるオブジェクトの破壊でしょうか。
あらゆるものが破壊可能と謳うだけの事はあり、かなり沢山のものが破壊可能になり、
新たな戦術も生まれました。

例えば、一番最初のミッションでは、水上の足場に居る敵を撃破していくコトになるのですが、
足場自体を破壊することで、敵を一網打尽に出来たりします。

また、『大破壊エンジン』ならでわといえるミッションも!



今まで施設破壊ミッションと言えば、それは名ばかりで、
実際は建物内のジェネレーターなど、小物の破壊をもって施設破壊としていました。
ですが、今作では実際に建物自体を破壊していくことが出来ます。
大量のミサイルを発射して目標施設を次々と破壊し爆炎に包まれていくのは、
今までに無い爽快感を得ることが出来ましたヽ(*^∇^*)ノ



次にコチラ↓



もう一つの目玉、『ヴァンガード・オーバードブースト(VOB)』!
まるでロケットの補助エンジンのような外部ブースターを装着して、
時速2000kmを超えるスピードで飛行できるのですが、スピード感がたまりません。
敵防衛部隊などが次々と後ろへ流れていきます。
また、VOBは上述の通り外部ブースターなため、
使用中は『クイックブースト』をほぼ使いたい放題です。
そのため、敵の遠距離攻撃を次々と回避していくことができ、これまた爽快です。

ただ、残念だった点も。



↑上はVOB切り離しの瞬間なのですが、
単にVOBユニットが後ろへ飛んでいくだけの地味なもので、物足りなかったです。
てっきり、オープニングでVOBユニットがバラバラになるシーンが描かれてたので、
そのような演出が入ると勝手に思っていたのですが、そんなことはありませんでした(´・ω・`)
また、同じように出撃シーンも特になく、突然ミッションが始まります。
これは、本当に味気なかったですね。



そして、本作のもっとも大きな目玉と言えばこちらでしょう↓



『アームズフォート』と呼ばれる巨大な移動要塞!
この『アームズフォート』、ただデカイだけじゃなくて、相応の火力も持ち合わせているのですが、
それをかいくぐって武装を次々と破壊していき、そして本体撃破へと至る過程は、
事前の謳い文句通りカナリ楽しめました(`・ω・´)
やっぱり、ロボット物でこういうシチュエーションはいいですねo(・ω・o

ただ、"撃破した"感より、"壊れちゃった感"の方が強い場合があるのが残念だったかな(´・ω・`)
というのもこの『アームズフォート』、
各部位に蓄積されたダメージが一定値を超えると撃破になるようなので、例えば、

小さなミサイルランチャーを壊したら、何故か巨大な機体全体が壊れてしまった!

という不可解な現象も発生しうるんですよね。
また、『射突型ブレード(通称とっつき)』を使うと、
巨体を誇っているにも関わらず一撃で沈んでしまうのは問題でした。

これはもう少し何とかして欲しかったですね。
例えば、大きな砲台を破壊するとその基部が弱点になって、
ソコを攻撃することで本体にダメージが与えられるようになるとか、
何か攻めている感を高める設定にして欲しかったです。



そのほか、今までにシリーズに共通してある楽しみとして、

"機体の構成を変えると、難しかったミッションが簡単になる"

のは良かったですね。
それまで苦戦していたミッションが、
パーツ構成を変えた途端に楽・・・とは行かなくても勝機が見えたりして、
そこからさらに洗練した機体構成にして再戦したら、見事大成功!
等という、機体構成をあれこれ考える楽しみというのは、このシリーズの醍醐味ですねo(・ω・o



機体を組み立てるアセンブル画面のユーザーインターフェースが、
上の様にPS3のXMBとほぼ同じ構造のインターフェースを採用していて、
PS3ユーザなら馴染みやすく、非常に操作性が上がっているのも良かったo(・ω・o



あとは、オンライン協力プレイ、対戦プレイが可能なのもいいですね。
特に協力プレイの方は、色々な構成に機体を作れることを生かし、
前衛、後衛で役割分担するなどしながら、
わいわい騒ぎながらミッションをクリアするのが楽しいですね。

ただそれだけに、最高難易度のミッションなど、
「コレこそ協力プレイに対応すべきだろ!」と言えるミッションが非対応だったのは残念でした。
また、ミッションが終了すると協力プレイモードも終了してしまうため、
連続して遊ぶのが面倒なのも問題でした。
どうしてこうなったのか・・・(--;



その他、



十字キーが使えるようになり幅が広がたキーアサインや、
戦闘終了後に弾幕の厚さを気にしたり、
「水底がお似合いだ」と言いつつ自分が水没してしまったりといった、個性豊かな登場人物達や、
企業相手に超喧嘩腰だったり、終始悪態をついている強烈なキャラのオペレーター姐さんなど、
魅力的なキャラクターが多かったのも個人的にはよかったですね(*´艸`)



続いて、上でちょっと書いる以外の欠点を・・・

それは、ロード時間が長いこと!
しかも、HDDにインストールしても長さが変わらず、
1ミッションあたり20秒から、多いときには30秒程度のロード時間が発生すること!



↑こんなカンジで、各企業などの説明が表示されて暇をつぶせるものの、
前作から問題視されていたロード時間が改善されていないことには、正直ガッカリしました。

最近のゲームでは、『アンチャーテッド』の様に
インストール無しでもロード時間を感じさせないソフトも出てきているので、
フロムソフトウェアさんにも、ブリーフィング中に裏でロードするなど、
ロード時間を感じさせないゲーム作りを頑張ってもらいたいものです。


こんなところですかね( ̄ω ̄

初心者の方には敷居が高いソフトではありますが、試行錯誤して作成したオリジナル機体で、
スピード感たっぷりの戦闘を繰り広げるのはとても楽しいので、
ロボット好きの方はプレイしてみてはいかがでしょうか( ̄ω ̄


関連リンク:

【ACfA】パートナーシップでプレイ!

0 コメント :

コメントを投稿