2008年4月24日木曜日

【戦ヴァル】『戦場のヴァルキュリア』買いました

ついに、超期待していた新作『戦場のヴァルキュリア』の発売日となりましたよヽ(*^∇^*)ノ

私も、某ゲームショップへ行って、早速買ってきました。
ただ、専用コーナーに平積みという最高の扱いを受けていたものの、
コーナー自体がしばらく掃除してないのか、なかなかに汚かったのと、
戦ヴァル専用テレビと距離があるという、やる気の感じられない扱いだったのが気になったが・・・

まぁそれはいいとして、早速遊んでみました(`・ω・´)



とりあえず、ゲームを開始すると、本当に物語を読み進めるように、
本のページが開いて、エピソードが表示されていきました。

なかなかに凝ってますね(`・ω・´)

ただ、話としては連続しているのに、
別々の扱いになっているエピソードがあったのがちょっと気になったかな(’’




まぁそれはいいとして、やっぱりその特徴的なグラフィックには目を奪われますね。
本当に、水彩画のようでとても暖かみがあって、尚且つ綺麗です。

そんなグラフィックで描かれるエピソードを見ていくと・・・

なんやかんやで戦闘が始まりました(笑)
つことで、いよいよ特徴的な戦闘パートへ(`・ω・´)



戦況を見て操作するユニットを選択するコマンドモードと、



実際にユニットを操作するアクションモードとを交互に繰り返していく
『BLiTZ(ブリッツ)』と呼ばれる戦闘システムは、
本当に上手いことシミュレーションRPGとアクションゲームを融合しているように感じました。

コマンドモードでは、イロイロな情報から戦況をしっかり見極め&予測する必要が、
アクションモードでは、状況に合わせて素早く的確に行動する必要がありますが、
それがどちらかに偏り過ぎない、絶妙なバランスになっているように思います。

というわけで、SRPG好きの方はもとより、
アクションゲーム好きの方にもオススメできるシステムだと思います(`・ω・´)
(ちなみに私は、アクションゲーム寄りではあるが、両方好き( ̄ω ̄)


ところで、このゲームの主人公(プレーヤー)は義勇軍に入隊して戦っていくことになるワケですが、
軍隊といえばそう!



鬼教官ですっ!
というわけで教官!このウジ虫を鍛えてやってくださいっ(`・ω・´)



って、教官もしかして役に立たないっ( ̄□ ̄;?



つ~か教官っ!
それ、そのままですっ!説明になってませんっ!( ̄□ ̄;

こ、この軍隊の先行きが不安だぁ( ̄ω ̄;


などと、このゲームには特徴的なキャラクターが沢山いるみたいです。
そんなキャラクター達の中から20人を選んで、自分の部隊を作ることになります。

というわけで、私も早速(主に容姿のみで選んで)レイン小隊(違っ)を作りました( ̄ω ̄



おぉ(゚ロ゚屮)屮
この娘なんか(容姿だけ)レインっぽい( ̄□ ̄



こ、コレは誰よりも先に、最優先で守っていかねばなるまい( ̄□ ̄ ゴゴゴゴゴ

って(゚ロ゚屮)屮




なんじゃコリャ~っΣ(´□`
さすがセガっだΣd( ̄ω ̄

まぁそんなこんなで小隊の編成が完了したので、これから戦闘に行ってきます。
まだ序盤もいいところなのですが、ココまでプレイした感想では・・・

この先もカナリ楽しめそうヽ(*^∇^*)ノ

今のところ欠点らしい欠点が見当たりません(`・ω・´)
(強いて言えば、兵科アイコンのデザインがダメな位か?まぁ、重箱だが)
もう少しプレイしてみないと決定的なことは言えませんが、
今のところとてもオススメできるソフトですよコレヽ(*^∇^*)ノ

0 コメント :

コメントを投稿