2008年7月19日土曜日

【TtT】何気にハマってます(-ω-



『ゼノギアス』をプレイしていることや、何気なく買ったという事情のため、
積むかな~?と思われていた『ティアーズ・トゥ・ティアラ』ですが、
何気にハマってしまいました( ̄ω ̄

何故だろう( ̄ω ̄?

それは、たぶん非常に遊びやすいからだと思うんですよね。

その最たる部分がメニュー画面!



「良いウェブサイトの条件は、3クリック以内で全コンテンツにアクセスできること」
などと言われますが、このゲームのメニューはそんな感じで
必要な機能に即座にアクセスできるよう設計されているんですよね。
しかもレスポンスも非常に良く、サクサク操作できてストレスを感じません。

そして、最も良かった機能が、



装備を購入する時、装備変更と購入を複数人分一括して行えることですね。
コレにより、

装備を購入→装備画面に移動→装備変更×人数分

という煩わしい作業がなくなるのが何気に嬉しかったです。



ただそれだけに、お店が『武器屋』と『道具屋』に分かれてしまっていたのが残念だったかな(’’
いや、単に分かれているだけなら全く問題ないのですが、
『道具屋』でも武具を扱っているので、『武器屋』で武具を買った後『道具屋』でもまた購入・・・
という二度手間が生じてしまうのが、ココまでシステムがいいと気になるんですよね。
できれば、武具の調達は『武器屋』で完結できるようにしてほしかった。

その他にも、ロード時間は短いですし、
戦闘中のAIの思考待ちも無しとメニュー以外の部分も非常に快適♪
(敵キャラの行動待ちはありますが)

やっぱり、システム周りが良くできているって、ゲームにとって重要ですね。


そうそう、ゲームを進めてみて分かったのですが、

戦闘部分ですが、やはりストーリーが進むと、
範囲攻撃や魔法を使ったり、回復やステータスアップなど支援を行う敵が出てきたりして、
難易度も上がってきました。
ZOCシステムと呼ばれる、
相手キャラクターの周りは移動が制限されるシステムも何気に良かった( ̄ω ̄
コレなら、ハードモードで遊べばそれなりにS・RPGをやりなれている人でも楽しめそうです。

あと、前回3Dのキャラクターは演技をしないと書きましたが、
それは誤りで演技をする場面もありました(まぁ、申し訳程度ではありましたが)。

それから、冗長なイベントシーンはどうやら冒頭だけのようです。
そこさえ過ぎれば主に会話中心でイベントが進むので、テンポよく進みます。
(もっとも、まだクリアしていないので断言はできませんが)

ゲームを進めてみて分かったのはこんなところかな(’’


もともとあまり期待していなかったというのが大きいですけど、
実際プレイしてみると何気にいいゲームでよかった(-ω-
ストーリー展開もドストライクですし、これならクリアまで楽しく遊べそうです。
(これで、キャラゲー・・・というかギャルゲー色が非常に濃いのと、
元の18禁のエロゲーの名残と思われる"そのテの表現"があったりしなければ、
人にお勧めできるんですがねぇ・・・)


ところで、どうでもいい話ですが、
『武器屋』の女の子(?)が着ている服を見て、
♀剣士フルフルS装備を思い出すのは私だけか(-ω-?

0 コメント :

コメントを投稿