2008年9月1日月曜日

【AFRIKA】待つことを楽しむゲーム

紆余曲折ありましたが、本日やっと『AFRIKA』を購入することが出来ました( ̄ω ̄A゛
というわけで、早速サファリにいってきます(`・ω・´)ゞ

っと思ってパッケージを開いたら、



タイアップしているソニーのカメラの広告がでてきてビックリ(゚ロ゚屮)屮
(でもこんな広告入れられても、もし私がこういったカメラを買うなら、
使い慣れたキヤノン製になると思いますけどね( ̄ω ̄)

っとそれはいいとして、

ゲームをスタートすると、程なくして美しく作られたAFRIKAの大地を車で移動することになります。
いやいや、ホントキレイだ( ̄ω ̄
それに、動物の仕草が、耳の動きとか尻尾の動きとか、
本当に細かく作られていてイイカンジですね(゚ロ゚屮)屮
この映像は、是非ともハイビジョンテレビで味わってもらいたいですねo(・ω・o

っと、話がそれましたね(・・;

で、その道すがら、ガイドから撮影の基本操作を教えてもらうことになり、
目的地に到着したところで、ある程度自由に歩き回って写真が取れるようなります。

というわけで、早速動物達の元へ駆け寄っていきましたε=┌( ・▽・)┘

蜘蛛の子散らした様に逃げられました(・ω・;

そう、本作の動物達は、現実のように近づけば警戒して逃げていってしまいます。
なので、なかなかに撮影は難しいですね(’’

そのため、チャンスが訪れるまで"待つ"ということが重要になってきます。

例えば、ゲーム開始直後に「シマウマの顔の正面の写真が欲しい」という依頼が来ます。
しかし前述の通り、不用意に近づこうとすると逃げられます。
(それどころか、気性の荒い動物だと襲ってきます)

そこで、シマウマの動きを観察し撮影できそうな対象、
例えば、茂みに向かって歩いているシマウマを探し、

移動先にある茂みに先回りして隠れる

シマウマが来るまでじっと待つ

シマウマが茂みから顔を出したらその瞬間を撮影
(ただし、茂みに近づきすぎているとビックリしたシマウマに襲われます)

などといったことをする必要が出てきます。
他にも、特定のポーズや状態を撮影して欲しいという依頼を遂行するためには、
とにかくチャンスがくるまで待つことが必要になってきます。

こういった"待つ"という行為を楽しめるかどうかに、このゲームを楽しめるかがかかっていますね。

まぁ、私はせっかちな性格なので、
撮影ポイントや撮影対象をどんどん変更していってしまっていますけどね( ̄ω ̄
(おかげで、待ってればおのずと訪れたシャッターチャンスを何度逃したことか( ̄ω ̄;)


ただ、そういったゲームシステムだけに、
システムの都合で待たされることがあるのはちょっと残念でしたね。

というのも、セーブデータが387"MB"と超巨大なため、
セーブやロードにこれまでにない時間がかかるんですよね(’’;
ロードも、短いとはいえ頻繁なような気がします。

あと、LODの関係か凄く遠くにいる動物のモーションがガクガクしてるのもちょっと気になりましたね。
このゲーム、グラフィックはホントにキレイですし、
動物の仕草は本当に細かく作りこまれていて、観察しているだけでも結構楽しめるだけに、
(近くにいる動物は問題ないとはいえ)非常にもったいなかったです。

他にも、

  • 視線操作が一本化されていない

    通常移動時は、右スティックを使用して視線操作を行うのですが、
    カメラや双眼鏡を構えると左スティックになってしまいます。
    これは、右スティックに一本化しておいて欲しかったですね。
    (まぁ、これは日本のゲームソフトの伝統的な操作形態で、
    そこに違和感を感じる方が異端だと言われればそれまでなのですが・・・)
  • 一つの動作が別ボタンに割り振られている

    "立つ"、"しゃがむ"といった"姿勢を変える"という一つの操作が、
    方向キーの上下という2つのボタンに分けられてしまっているのですが、
    これはちょっとやり辛い気がします。
    同じように、車の乗降、発進と停止(CPUが運転している場合)も2つに分けられていますが、
    こういったものは一つのボタンに統一しておいて欲しかったですね。
  • 半歩踏み出すことが出来ない

    茂みに隠れて撮影中、あと半歩横にずれたかったのでスティックを倒したら・・・
    ものの見事に一歩を踏み出して動物に見つかる・・・
    ということが結構ありました。
  • カメラを構えながら移動ができない
  • 動物に襲われると、撮影した写真が全て消える
  • 全体的にレスポンスが悪い

↑と言った所が気になりました。


っとまぁ、イロイロ問題点もありますが、個人的には楽しめそうなソフトでした。
そういうコンセプトのゲームだろうし、ゆったりまったり楽しんで行きたいと思います(・ω・


最後に、こんなブログどうぞ↓

ジャンボ!(rojiura de PLAYSTATION 様)

過去の記事にもイロイロな写真が載っていますo(・ω・o
あぁ、早くこんな写真とってみたい( ̄ω ̄
ここまでくると、きっと待つことが楽しくて仕方なくなってるでしょうねo(・ω・o



というわけで、早くあんな写真が取れるように、再びサファリ行ってきま~す♪


↓↓↓ここから、後日追記↓↓↓



どうも序盤の主要ミッションは全て終えたようで、
新しく『α100』というカメラを貰えました。



レンズが1つしか無いためまだまだ不便ではありますが、
ちょっとだけいい写真に近づけた気がします。

また、自由にジープを運転できるようになりました。
やっぱり、広々としたフィールドを自由気ままに走り回れるというのはいいものですね( ̄ω ̄
それに、新しいエリアにも行けるようになり、
新しい動物にも出会えて、これからますます楽しみが広がっていきそうですo(・ω・o

0 コメント :

コメントを投稿