2008年9月25日木曜日

【アクアノートの休日】『AQUANAUT'S HOLIDAY』買いました



本日発売の海洋アドベンチャーゲームにして、『アクアノートの休日』シリーズ最新作、
『AQUANAUT'S HOLIDAY』を買いましたよo(・ω・o

と言うわけで、早速プレイですよo(・ω・o

ゲームの(序盤の)基本は、




こんな感じに美しく描かれた海の中を潜水艇で探索し、ゆったり魚を眺めたり、
(つ~か、静止画にするとなんか汚いな(’’;
それに、生命感も感じられなくなってしまいますね(・・;
これは、SS載せないほうがよかったか(-ω-;?)




新たな魚を発見してはライブラリに追加して行ったり、
(このライブラリ、魚の表示が丸い窓の中に限定されるのが残念です(´・ω・`))



発見した魚等に応じて支給される奨励金を元にして、



探索エリアを広げるためにソノブイのバッテリー交換をするのがメインのようですね。

ソノブイのバッテリー交換が進まないうちは、
『アクアヘヴン』と呼ばれる拠点とソノブイの間を行った来たりする必要があって
作業的に感じられ退屈なんですが、
行動範囲が広がってくるとどんどん面白くなってきますねo(・ω・o

350種類もの海洋生物(ライブラリだと260となってますが、はて?)がいるだけあって、
新しいエリアに行くと新しい魚に出会えますので、それを探し回るのもいいですし、
未だ残暑厳しいこの季節だけに、
ただ単にその辺をさまよってただただ魚を観察してみるのもまた、
涼しげで心地よいです(というか、それがこのゲームの醍醐味か)。

また、"海洋アドベンチャーと"銘打たれていることから分かるように、
失踪した海洋生物学者の謎を追うアドベンチャー要素もあるようで、
これは『AFRIKA』と同じく、まったりゆったり楽しんでいけそうです( ̄ω ̄
(まぁ、『AFRIKA』はまったりしすぎてまだ終わってないが(-ω-;
どうでもいい話ですが、このゲームの所為で私の『AFRIKA』に対する印象が
ちょっと悪くなりました(苦笑))

特に、新たな生物との出会いの面で( ̄▽ ̄♪



↑開始早々いきなり出会ったイルカ。
泳ぐの早すぎでライブラリに追加できたのが奇跡に近かった(゚ロ゚屮)屮



↑いわしの大群は迫力ありました。
時折上のイルカが捕食に来たりします(-ω-



↑青い要素が無いのにアオウミガメとはこれいかに(-ω-?



↑鯨も迫力がありました。
というか、これでも小型の部類だそうで、大型の鯨とかどんな風に見えるんだろ(’’;
ちなみに、ライブラリには某大型の鯨のシルエットがっ(゚ロ゚屮)屮



↑なにやら沈没船らしきものを発見しました。
近づいたら何かイベントがあるのかな(’’?



↑さらに、人面岩を発見しました(゚ロ゚屮)屮
つかこの岩、近づくと笑い声が聞こえてくるので正直キモイ(--;
ほ、ホラーゲームじゃないんだからさぁ(´Д`;


そうそうこのゲーム、システム面も結構よくて、
上で、"拠点とソノブイを行ったり来たりするのが作業的~"と書きましたが、
ソノブイ付近など任意の場所にジャンプできる機能があるので移動とか楽ですし、
インストール無しなんですが、任意のエリアにジャンプする場合を除いて殆どロードが無いんですよね。
メニューもシンプルでレスポンスも良いので、とても快適にプレイできます。

ただそれだけに、潜水艇が横移動できないのがちょっと残念だったかな?
まぁ、横移動したくなる場面は少なかったですけど。

あと、トロフィーも結構な数が用意されていました。
これでやりこみ要素もバッチリか?


というわけで、なかなか良いゲームです。
これは、『AFRIKA』そっちのけで遊んでしまいそうだ( ̄ω ̄;

0 コメント :

コメントを投稿