2009年3月22日日曜日

【龍が如く】遊んでばかりじゃなくてそろそろ感想でも( ̄ω ̄

発売以来ずっとハマっている『龍が如く3』
最近何だかんだでゲーム自体プレイできる状況じゃなかったり、
プレイできる状態の時は本作で時間を忘れて遊んでしまって
すっかり世間から出遅れてしまいましたが、そろそろ本作の感想でも( ̄ω ̄

プレイしていて最初に感じるのは、やっぱり"バトルが楽しい!"ということですね。




時に豪快に!時に華麗に!
その辺に落ちてる看板や自転車なんかを振り回したり、
敵を投げ飛ばしたりしてメチャクチャに暴れまわれるのに加えて、
方向性こそ違うもの某スタイリッシュアクションをプレイしている時に感じるような
爽快感とカッコよさもあるので、それだけでも非常に楽しめました。

所謂"必殺技"である『ヒートアクション』が、所持している武器や、
何処でどんな状態で繰り出したかなど、状況に応じて多数用意されているのも良いですね。

そうそう、そんな『ヒートアクション』の習得にも一役買っている
『天啓』というシステムがあるのですが、これがまた笑えます( ̄ω ̄



『天啓』を得るシチュエーションもさることながら、主人公が超高速でケータイを打ち、
ぶっとんだ文章のブログを更新している様が何とも面白いです。
(つか、座右の銘は結局何なんだ!)

あと、ピコハンとかマグロとかユニークな武器が出てくるのも、
基本殺伐としたバトルのいいアクセントになってて良いですね( ̄ω ̄




特に、マグロが凄くお気に入りです( ̄ω ̄

とまぁこんな感じで、その辺のザコ敵に喧嘩売ってるだけでも結構楽しめるので、
欲を言えばそういったザコ戦も長めのものがあったりしたら嬉しかったですね。
さらに欲を言えば、折角『シームレスバトル』をウリにしているのだから、
もう少しテンポ良く戦闘に突入するようにして欲しかったかな(-ω-

それと、今回『チェイスバトル』という街中で追いかけっこするバトルが加わったんですが、
これはこれで楽しかったものの、多くが基本同じ場所をぐるぐる回るだけなので、
バトルが変化に乏しいというのがちょっと残念でしたね。
例えば、2周目では人や障害物の位置や量が変化していたり、
×ボタンの活躍の場がもう少し多ければもっとよかったです。
(余談ですが、ジャンプして看板に頭ぶっけてる主人公がカワイかった(´ω`*)


次に、『龍が如く』と言えばやっぱりストーリーですよねo(・ω・o
最初の内は、問題だらけの養護施設『アサガオ』内で主人公が奮闘する、なんか

『園長先生奮闘記』(いや、寧ろ『組長先生』か?(-ω-)

という感じのノリでほのぼの進んでいて、土地買収とか基地拡大とか極道とか存在感が薄くて少々戸惑いましたが、
そういった事柄に立ち向かったり、『アサガオ』の子供達を守ろうとする主人公が、
とっても男気にあふれていてカッコよくて、ついつい時間を忘れて引き込まれてしまいました。
これは惚れるわぁ・・・(´ω`*
(まぁ、おかげで初期と終盤のギャップにちょっと戸惑いましたが( ̄ω ̄A゛)
おかげでラスボスとの対決では、
自然と武器どころか回復アイテムを使うなどと言う無粋なことが憚られてしまって、
何気に苦労しました( ̄ω ̄A゛

ただ、もう少し各キャラクターのエピソードを濃いものにして欲しかったですね。
後から考えれば納得できるものの
「ココで何でこの展開?」と一時疑問に思ってしまう場面がちらほらありましたので。
あと、虐められてる子に「やり返してこい」と言ってみたり、
喧嘩してアザだらけな子を見て「元気がいい」なんて言う大人がいるというのは、
今の時代感に合ってないような気がしました。
(きっと、今現実にこんなんあったら即閉鎖の危機ですよね・・・(・・;)


まぁ本編の話はこれくらいにしまして、
シリアスなものからお笑い系、喧嘩からお使いまで、
サブストーリーが豊富に揃っているのもよかったですね。
サブだけで楽しいですし、特に主人公が仁侠映画に出るのが最高でした( ̄ω ̄
おかげで、ついつい本編そっちのけで遊んでしまいます( ̄ω ̄

それにしても・・・




『キャバつく』&『キャバクラ』は、力が入りすぎなような気がします( ̄ω ̄
特に『キャバつく』は、キャバ嬢候補の女の子から服飾品まで結構な種類が用意されているようで、
意外にやり応えがあります( ̄ω ̄


豊富で力が入っていると言えば、各種ミニゲームですね。




カラオケにゲームセンター、ボウリングにゴルフ、釣りや各種ギャンブルまで、
(それぞれの単品ソフトには劣るが)しっかり楽しめるミニゲームが沢山ありすぎて、
サブストーリー同様遊んでると本編の進行に支障がでます( ̄ω ̄A゛
アップデートで2P対戦が開放されるものもありますしね。
もうどれだけ遊ばせる気だっ(°°

ただ、問題点もありまして、
例えば、ゴルフは本編に組み込まれた強制ミニゲームでもあるんですが、



ホールアウト時の演出が、
こんな風にガッツポーズしながら「よぅし・・・」とボソッと呟くだけでSEとか無いので、
非常にコワイです(-ω-;
同じことが多くのミニゲームで言えます。



釣りなどはこんな画面があったりして豪華なんですけどねぇ(’’
ミニゲームとはいえ、この辺はもう少し何とかして欲しかったです。

その他気になったこととは・・・
やっぱりきれいな街並みですかねo(・ω・o
特に、実在の企業と多数コラボレートしているおかげで、




凄く現実味のある街になっているし、その中を練り歩く群衆もまた、
人数が多かったりちゃんとリアクションを取ってくれたりしてイイカンジです。
そして、そんな中に上記のサブストーリーやミニゲームが散りばめられているので、
ただただ歩いているだけで楽しいのが凄くよかった♪(´ω`*
また、神室町はかなり広く作ってあるのですが、
街中を走り回っていてもロードが入らないのもいいですね。
それだけに、沖縄が狭かったのと、
お店とかに入る時にロードがはいってしまうのが残念だったかな(’’

あと、そんな風に現実味にあふれた世界を構築することに成功しているのに、



飲食店に入った時、注文後暗転してしまって食事シーンが描かれていないのが気になりました。
特に、『松屋』とか実際に商品が出ないとコラボレーションの意味が薄れてしまっている気がします。
次回作では是非とも改善して欲しいところですね。

それから・・・

前作、前々作から続き物のストーリーなのですが、
両作のダイジェストムービーが収録されていて何時でも視聴できるので、
本作から始めても問題無い親切設計になっているのが凄く助かりましたね。
他のソフトでもできる限り実装してもらいたいものです( ̄ω ̄


とまぁ、私の感想はこんなところですかね(・ω・

『見参』発売から1年経たずの発売が祟ったか、
細かいところまで良く見てしまうと結構残念な部分があるのは事実ですが、
そんな物は霞んでしまうほどの楽しみが詰まっている作品であることもまた事実!
これは、アクションゲームに抵抗がない方なら購入して絶対に損はないソフトですね。
私も、現在進行形で時間を忘れて楽しませてもらっています。
こんな作品を作ってくれたスタッフの皆さんに感謝!(`・ω・´)ゞ


最後にオマケ↓



しゅ、シュールだ・・・(-ω-;


関連リンク:

【龍が如く】2周目も止まりません( ̄ω ̄A゛
【龍が如く】さっきクリアしてきました(´ω`*)
【龍が如く】いやいや、Blog更新する気になれん( ̄ω ̄A゛

0 コメント :

コメントを投稿