2009年4月19日日曜日

【FFVII】『FFVIIACC』ついに到着!



昨日になって、やっと私の
『FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETE』(つ~か、名前長いよ(’’;)が到着しました。
というわけで、早速視聴しましたよo(・ω・o

相変わらずアクションシーンのカメラワークがちょっと悪いですが、
高解像度&高画質に生まれ変わった映像は、
DVD版を見ていてもやはりその品質に驚かされます。
また、追加されたシーンについても、
一部「そこで?」と思えるものがあったものの蛇足的ではなく、
寧ろ物語をより楽しめるようになってたので良かったです。

あと、既存のシーンであっても修正されている部分が結構ありますね。
(シーンの追加に伴う部分も含めて)
高画質化して追加シーン加えてハイ終わりではなくて、
そういった部分にも修正が入っていたのには好感が持てますね!

というわけで、既にDVD版を持っていましたけど、再び楽しむことが出来ました。
いい作品ですねコレo(・ω・o

また、DVD版公式サイトで公開されていた小説『On the Way to a Smile』のアニメ版も、
デンゼルの声にちょっと難があったものの(^^;)、
文字だけとはまた違った新鮮な気持ちで見れたので良かったですね。
そして、やっぱりいい話でした(°-Å


ついでなので、DVD版と一部比較してみました。
左がDVDで右がBDです。
あと、キャプチャ環境が違うので、色合いの違いは無視してください。



拡大すると良く分かるのですが、布地がより鮮明になってるほか、
口元など暗い部分の諧調がかなり豊かになってますね。



この室内のシーン、DVD版では何でちかちかしてるんだろと疑問だったんですが、BD版でその理由が良く分かりました。
細かいホコリが俟って、それに光が当たってちかちかしてたんですね。
DVDの頃はノイズかと思ってましたよ(;´▽`A``



髪の毛など毛がより鮮明に。



コチラのシーンでは、ティファの顔等に汚れが追加されました。



DVD版では、アレだけ攻撃を受けても変化なしだったバハムートでしたが、
BD版では傷つき甲殻が剥がれて禍々しい姿にΣ(°°;



コチラのクラウドは、シーンの追加に伴って傷ついています。

0 コメント :

コメントを投稿