2009年4月5日日曜日

【Killzone】面白いDEMOですねo(・ω・o

日本国内の発売日も迫ってきた『KILLZONE2』ですが、北米のPSNでは現地時間の木曜日(かな?)から、
TVCMと同じシーンでカメラアングルなどをを自由に操作できる
『Behind the Bullet』というコンテンツが配信されていました。
で、今更ながらダウンロードしていろいろ試してみましたよo(・ω・o



上がCMの冒頭。
このキャラクターが発砲した弾丸を追うような形で映像は進んでいくのですが、
その間完全な自由ではないものの、カメラアングルや再生速度を変更することができます。




さらには、エフェクトなし、深度情報などが参照できる各種デバッグモードを使用することができ、
しかも画面左端から右端までの間で適用範囲を自由に変更できるので、
単にカメラを操作しただけでは見ることが出来ない部分や細かな情報まで知ることが出来るので、
なかなか面白いものになってます。
普通に再生したら30秒に満たない映像なんですけど、
そんななのでついつい数十分遊んでしまいましたよ( ̄ω ̄

英語のみですがコメンタリーも収録されてますし、
興味のある方は落としてみることをお勧めしますよo(・ω・o


ただこのコンテンツ、再生速度を自由に設定できたり、デバッグモードが使えることで、
普通なら起こらない問題が起こってるんですよね( ̄ω ̄
それがコチラ↓



スロー再生してエフェクトを取り除くことで、
発射された弾丸が銃口にめり込んでるのがバッチリ分かってしまいます( ̄ω ̄
コレ、普通に再生すれば一瞬で終わってしまう上、



通常はこのようにマズルフラッシュのエフェクトが入っていて見えないんですけど。
でも、折角なのでもう少し気を使って欲しかったかな( ̄ω ̄


あと、上とは関係なくちょっと気になったんですが・・・



銃弾が発射された後、弾丸の後部が外れてますけどコレって何なんですか(-ω-?

0 コメント :

コメントを投稿