2009年12月27日日曜日

『PixelJunk Shooter』を体験してみたo(・ω・o

キュー・ゲームスさんから『PixelJunk Shooter』の無料先行体験コードを頂きました。
が、ダウンロード開始日が『FFXIII』発売日という、間が悪いにも程がある日だったため、
今日までスルーすることに・・・。
しかし、同作に興味がある友人がちょうど遊びに来たので、
二人協力プレイができることですし一緒に遊んでみましたよo(・ω・o

このゲームのシステムを簡単に説明すると、



360度全方向に移動&攻撃可能な全方位型シューティングゲームで、
行く手を阻む敵を倒したりしながら、
宝石や助けを求めている『サバイバー』をアームでピックアップしていくのが目的です。
コレだけだとワリと普通なのですが、
このゲームには流体シミュレーションが適用された水やマグマ、毒ガスなどの流体が出現します。



で、例えば行く手を阻むマグマを、岩を破壊して下に流し落としてしまったり、
水を流し込んで固めてしまったりといったパズル的な要素があるのが特徴ですね。

そして、この部分がなかなかユニークで良いΣd(・ω・

序盤こそ単純に水やマグマを流すだけの簡単な仕掛けですが、進んでいくと、
どういう順番で流すかを考えたり、液体とは逆に上に上っていく上引火するガスや、
水を凍らせてしまう氷といった新たな物体がでてきたり、
色々吸収する『スポンジボール』や特殊スール等を使って、自分で水やマグマをばら撒けたりと、
それなりに頭を捻らないといけなくなってきて中々に面白いです。
あと、単純に流体の動きが気持ちいいですね。

ただこんな要素があるだけに、
純粋にシューティングゲームを望んでいるとガッカリするかもしれませんね。
シューティングゲームらしくボスが出てきたりもしますが、
敵と撃ち合いするよりパズルと格闘することの方が多いです。

まぁ私達は、『スポンジボール』で吸収した溶岩を無駄に画面中飛び散らせたり、
撃ちまくった結果の流れ弾や思わぬ溶岩流で『サバイバー』が死んだりといった
阿鼻叫喚をみんなで楽しめましたけどね( ̄ω ̄
1,200円と安価な点や、録画・アップロード(YouTube)機能、PSPを使ったリモートプレイ、
『HOME』のリワードアイテムに対応といった機能もあるので、
気になったなら手を出してみるのもアリかと思います。

ついでなので、プレイ動画も撮ってみました↓
(注:ソフトの機能ではなくPCで録画したものです)





ちなみに、リワードアイテムの一部はコチラ↓


(※リワードアイテムはトップスと手のみです)

『PixelJunk』のロゴ等をあしらった服が貰えました。

0 コメント :

コメントを投稿