2010年4月2日金曜日

【GOW】そんなワケで、『GOW3』の感想ですo(・ω・o

先日無事プラチナトロフィーをゲットするまでやり込んだ『GOD OF WAR 3』
そんな本作の感想を書いていきたいと思いますo(・ω・o

結論から言いますと、
今年の『ゲームオブザイヤー』確定と言っても過言ではありません(゚ロ゚屮)屮
去年『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』をプレイした時に、
10月末の時点で「『ゲームオブザイヤー』だろ!」と思ってましたが、
本作にいたっては、その遙か以前の4月頭の現時点で、
「もはや、本作に並び立つゲームは今年は出ないのでは?」と思えてしまう位、
「このゲームをプレイしてしまって、これから先アクションゲームを楽しめるのだろうか?」
と思える位凄いです( ̄□ ̄
PS3を持ってるならもとより、PS3を持っていなくても、
アクションゲームが好きなら『GOW3』を買わないのは絶対に損していると言えますね(`・ω・´)
グロ表現があることがネックではありますが・・・)


とまぁ、総評を書き終えたところで、細かいところを書いていきたいと思います。


まず最も驚かされたのが、その圧倒的なスケールですよね(゚ロ゚屮)屮



オープニングが終わるといきなり、物凄く巨大な山を登っている、超巨大なタイタン族の体の上で、
巨大な敵と戦闘するという、とんでもないシチュエーションでゲームが始まりビックリします(゚ロ゚屮)屮
最初からクライマックスとは正にこのこと!



そして、そんな巨大な敵を、豪快な演出とともに撃破するというのは、
本当に大興奮の素晴らしい体験でしたヽ(*^∇^*)ノ


それ以外の雑魚との戦闘などのアクション面でも、



流れるような多彩な連続攻撃の中に、強力な打撃攻撃や範囲攻撃を織り混ぜて、
大量の敵を一変に吹き飛ばしたり、



ぶん投げたり、敵を盾にして敵集団に除雪車のごとく突撃したりと、
敵に合わせてバリエーション豊かな掴み技があったりして、
豪快で爽快な戦闘が楽しめてすごく良かったです。

ゲームの難易度も、ボタン連打でゴリ押しで進める『スパルタ(イージー)』から、
ちょっとした油断で簡単に死ねる『カオス(ベリーハード)』まであって幅が広いのもいいですね。
高難易度で始たものの詰まってしまった場合に、
その詰まった箇所だけ難易度を下げられる配慮があるのも良かった。

そうそう、本作には敵への止め技などで、



画面上に表示される指示に従ってボタンを押していく『CSアタック』という攻撃があるのですが、
この時のボタンの指示が、△ボタンなら画面上、□なら左と、
ボタンの位置に対応した場所に表示されます。
おかげで、表示を視界の隅に軽く捉えるだけでボタン入力が行え、
更にゲーム画面にも集中できてスゴク良かったです。

アクションゲームなので、
アクション面が気持ちイイこと、それを簡単に楽しむこともできるということ、
そして演出が素晴らしいので、何時でもそれに集中できるというのは大切ですね(・ω・

そして、そんなアクションの合間に挿入されるムービーもまた、
ダイナミックだったり幻想的だったりで、
まるで映像作品でも見ているのかと錯覚するような場面もあり、
それがロード一切なしでゲーム部分と繋がって展開されるのですごく物語に入り込めました。


とまぁこんな感じで、基本的に非の打ち所の無いゲームなのですが、
やっぱり残念な部分はありましたね。

まず、ムービーは一切スキップできないというのが気になりました。
もともと楽しいことに加え、『神々の所有物(チートアイテム)』を拾う事で、
キャラクターを強化して2周目以降をプレイ出来ることもあり、
何周もプレイしたくなるゲームなので、この部分は非常に残念でしたね。

あと、セリフ回しが一部不自然なのも気になったかな(-ω-;

武器の強化、各種ゲージ増加時の演出も、その弱さの所為で冗長に感じました。

折角良いゲームなので、こんな些細な部分が駄目だったのは残念ですね(´・ω・`)


不満点はこんなところか(’’
私の感想はこんな感じです( ̄ω ̄
すでに上に書いた通り、すごく良いゲームなので、
グロ表現に抵抗がなくてアクションゲーム好きなら、
PS3本体ごとでも買う価値はあると思いますよo(・ω・o


そうそうちなみに、
私は本作で始めて『GOW』シリーズに触れましたが、
ストーリーを楽しめなかったということはありませんでした。
もちろん、一部キャラクター同士の因縁や小ネタなどで分からない部分があり、
過去作を知っていた方が楽しめるだとは思いましたが、大きな問題ではないと思いますよo(・ω・o
(なお、過去2作をHDリメイクした『GOWコレクション』と言うものもあります)

0 コメント :

コメントを投稿