2007年8月18日土曜日

【PS3、PSP】隠れた名作

PSOneの時代もそろそろ終わりを迎えようとしていた1999年8月5日・・・
とても革新的なゲームが、ソニーから発売されました。




その名も「パネキット」!



核となるパネルを中心に、パネルを追加したり、
ステアリングに相当するジョイントを取り付けたり、
動力をもったタイヤを取り付けたりして車を作るなど、
パーツを組み合わせてイロイロなものが作れるゲームです。



例えば、左右独立して動くタイヤを多数持ち、砲塔も旋回する戦車だったり、
モーターを組み合わせて作った足で4脚歩行を行うロボット、そして、



飛行機の形を作れば、ちゃんと空も飛べます( ̄□ ̄
(ただし、揚力による飛行ではないので、動翼の動き方が実物と逆になります)

この様に、いろいろな物を作って楽しむことが出来るのですが、その自由度がハンパではありません。
コチラのサイトを見てください。

パネキ堂

ココのパネキットモデル置き場を見れば、更にどんなにすごいゲームかが分かると思います。

イロイロなものが作れる自由度の高さ・・・
素晴らしすぎますねコレヽ(*^∇^*)ノ
キャッチコピーが「無限おもちゃ箱」なのですが、その言葉は伊達ではありませんね(`・ω・´)

そしてこのゲームがなんと!
去る2007年6月28日より、PS3、PSP向けに、ゲームアーカイブスで600円で配信が開始されましたっヽ(*^∇^*)ノ
私が現在プレイしているもの、このゲームアーカイブスのものです。

というわけで、現在PS3やPSPを所持している方は、プレイしてみてはいかがでしょう?
「こんな昔にこんな凄いゲームが!?」と感動できること請け合いですし、
とても自由度が高いので長く遊べますよ。

そして、ソニーさんPS3で続編作ってくれないかな( ̄ω ̄

以前のトロステーションで、ゲームアーカイブスに追加された同作を強く推していましたし、
そのため開発者インタビューまでしていましたが、
そこまで推すなら続編出してくれないかなと( ̄ω ̄
続編を切望する声も結構ありますしね。
それに、『LittleBigPlanet』のような、
物理シミュレーションをバリバリ使ったゲームが多数出現している次世代機!
その演算性能を駆使すれば、相当すごいパネキットが作れると思うんですけどねぇ。
(ただネックなのは、このテのゲームが一般ウケしないことか(’’)

0 コメント :

コメントを投稿