2010年7月30日金曜日

【白騎士】『白騎士物語 -光と闇の覚醒-』の感想(・ω・

先日『白騎士物語 光と闇の覚醒』の『ストーリーパート』をクリアしましたので、
その感想を書いていきたいと思いますo(・ω・o
オンラインでも遊べる『ライブパート』にはまだ手をつけてませんので、そちらはまたの機会に。

とりあえず、戦闘周りを中心に、前作から大幅に改善されたのが凄く良かったですねヽ(^∇^*)ノ
具体的には、戦闘のテンポアップが一番ですねo(・ω・o
本作の戦闘は基本、『アクションゲージ』が溜まるのを待ち、コマンドを選択・実行していくタイプの
オーソドックスなターン制RPGになるんですが、
その『アクションゲージ』が、行動が終了した直後に次のコマンドを実行できる位早く溜まるようになり、
戦闘がサクサク快適に行えるようになりました。
(装備には重量があり、重装備になるにつれ遅くなります)

システム面でも、何時でも防御が可能になったり、敵との距離の重要度が増したりと、
若干アクションゲーム寄りの調整になったことと、弱点属性を突くことの重要度が増したことで、
プレーヤースキルが戦闘の優劣に与える影響が大きくなり、やりごたえが増しました(`・ω・´)
だからと言って、アクションゲームが苦手の人お断りということは無く、
装備やスキルの組み合わせ次第で色々な戦い方ができるのと、
味方に回復アイテムやスキルを持たせておくと、絶妙なタイミングで回復してくれて頼りになるので、
(攻撃面で、弱点が判明している敵に耐性のある攻撃をするといった問題はあるが・・・)
アクションが苦手でもちゃんと戦えるようになってるのも良かったですねo(・ω・o

更には、本ゲームでは自分好みの外観のアバターを作って冒険できるのですが、



ゲーム終盤と非常に遅い時期になってしまうものの、
アタバーも『アークナイト』と呼ばれる騎士に変身できるようになったもの良かったヽ(^∇^*)ノ
ある程度GRを上げる必要があるものの、外観や装備を自由に変更できるものいいですねo(・ω・o
そうそうその騎士ですが、主人公達が変身する『シンナイト』も含めて、
ほぼすべての攻撃が範囲攻撃になり、移動速度も高速化!
それに前述のテンポアップも加わるので、多数の敵をガンガンなぎ倒すことが出来るようになり、
操作していて非常に爽快になりました!ヽ(^∇^*)ノ

本作ではその内容上、プレイ時間の多くを戦闘に費やすことになると思うので、
こういった改善は凄く嬉しいですね(^∇^*


あと、オフラインに限定しても、ボリュームがかなりアップしたのも良かったですね。

メーカー発表のプレイ時間は、『古の鼓動パート』、『光と闇の覚醒パート』共30時間で、
加えて、指定のモンスターを討伐してくる『賞金首』、
素材の採取や、話し合いの仲介を行う『住民の依頼』、
自分好みの町を作れる『ジオラマ』と言った要素があったり、
前作では、オフラインではアバター1人でしか参加できず、
実質オンライン用だった『サブクエスト』に仲間を連れていくことができるようになったので、
オフラインでもそれなりに遊べるようになり、やれることが多くなりました。
こういった部分は、オフ専の方には嬉しいんじゃないでしょうかね( ̄ω ̄
(ちなみに、私はストーリーパートクリアに89時間掛かりました
ちなみに、オンライン環境がある場合でも、『賞金首』、『住民の依頼』共、
GRポイントや経験値、装備品が貰えるので、やる価値はあります(・ω・


その他、『ライブトークシステム』は良かったかな( ̄ω ̄
これは、移動中等にキャラクター達が会話を始めるシステムなのですが、
今いる場所の豆知識や行き先のヒントから、他愛のない日常会話まで、
結構バリエーションのある会話が聞けて楽しかったですし、
戦闘中はキャラクターの心情が描かれてたりして、演出としてなかなか良かったですo(・ω・o
コレで、同じ会話を繰り返したり、
突拍子も無い発言をしたりしなければもっと良かったんですがね(-ω-


後は、前作と比べてキャラクターのモデンリングが調整されたり、
ライティング等が変更されて、キャラクターの見栄えがよくなっていたのも良かったですね。


といった感じで、前作と比べて色々改善され、凄く良いゲームになってます(`・ω・´)
でも・・・良いゲームという評価で素直に終わらせてくれないのが相変わらずと言いますか・・・
前作同様、残念な部分も多々ありまして、


まず、相変わらずストーリーの展開の仕方が微妙だっ( ̄□ ̄;

伏線ぽかったが、そうじゃなかった例:
「指導者を失った両国は、
 戦争への道を歩むだろう」発言
  ↓
発言以降、戦争に関する描写どころか、
両国の関係を表す描写すら無し。

急な展開の例:
「○○に会えば、
 お前の過去に辿りつけるかもしれん」
という発言が、直後に
「○○が騎士の秘密を握っている」
に置き換わってしまう。
話の経緯から、最終的にこの解釈
になってもおかしくはないが、
説明不足だと思う。

戦隊シルバー的な存在の例:
『ファイアリザード』
  ↓
危険で滅多に会えない存在とされ、
大物のようなムービーで
華々しく登場するも、
その後雑魚として普通に出てくる。

日本語がおかしい例:
「まだ分からぬのですか!
 騙されてるということに!」
  ↓
普通は、
「まだ分からぬのですか!
 騙されてるということが!」
もしくは、
「まだ気づかぬのですか!
 騙されてるということに!」
伏線を匂わせる発言が、実はその場限りの物で、
前の出来事とその次以降の出来事に関連性があまりなかったりして、
毎回次々と違うエピソードが展開されるヒーロー物の番組を、
連続して見ているような気分でした。
それを「狙ってそう言う展開にしてるよ」感を出してやってくれてれば、
なんら問題なかったんですが、
前述の通り、伏線ぽい発言があったりする所為でそれが感じられないですし、
狙ってたとしても、週1番組ならいざ知らず、
連続して遊ぶこともあるゲームのストーリー展開としては、
やっぱり問題あるように感じます。

あと、そんな感じで話が進むので、起承転結の"承"・・・いや、
"起"すら飛んでるかのように思える急展開があったりもしました。

それから、登場時こそ華々しいものの、
数話で存在感が薄れる戦隊物のシルバー的な存在もあったな(-ω-
それが、右にあげた『ファイアリザード』のように、
小物に対してだけだったらまだ良かったんですが・・・

そうそう、ところどころ日本語がおかしい部分もあったか(’’;
普通に言い回しがおかしかったり、主語が抜けていたりと、
ちょっと間抜けな表現になってしまっている部分があります。
(制作が福岡の会社だし、実は方言?)

こんな感じで、ストーリー周りに問題があったりします( ̄□ ̄;
他にも、設定が矛盾している部分もある(--;
ホント素材はいいし、個々のエピソードを見れば
ヒーロー物らしい熱くなれる展開もあるんだから、
もっと全体のストーリー展開とかセリフとか設定に気を使ってくれ!(`Д´


それから、攻撃の命中率がちょっと低いですね(-ω-;
本作では、範囲攻撃の威力が強化されたり、『ダッシュ攻撃』で次々と敵を撃破できるようになったのに、
結構な確率でミスになるので、こういった部分が台無しになってしまいます。
特に、『ブレイクチャンス』と言って、巨大な敵の特定の部位にダメージを蓄積すると、



こんな感じでアイコンが表示されて、対応した属性で攻撃することで体勢を崩すチャンスがあるのですが、
ミス連発された所為で何もできず終わってしまうことがあり、イライラします。
命中率アップのスキル等で十分補えるのですが、
せめて格下の相手に位、確実に攻撃を当てられる命中率にしておいて欲しかったですね(-ω-;


あと、『住民の依頼』の依頼内容が酷いのが多すぎですヽ(`Д´)丿
前述の通り、装備とかGRポイントとか手に入るのでやる価値は十分にあり、救われますし、
意外と細かく作られている各住民のストーリーを、より深く掘り下げるものもあったり、
サイドストーリー的なものもあったりして基本的には結構良かったんですが、
それでも、



眼前に居る相手の様子を見てこいだの、眼前に居る相手に用件を伝えて欲しいだの、
プレーヤーがやる意味が見出せない内容が多すぎです( ̄□ ̄;
更に、住民間を何度も行き来しなければならない依頼(それも、まとめて頼んでくれれば1度で済んだ)など、
やってて不快感が強いものもあります(--;
「○○を採ってきて欲しい」「××を倒して欲しい」といった普通の内容だけでいいのに、
何故こんな奇妙極まりない内容を沢山入れてしまったのか・・・( ̄□ ̄;


でも、本作で一番の問題だったのは、新マップが少なすぎることですね(゚ロ゚屮)屮
『光と闇の覚醒パート』開始直後こそ、





こんな感じで、四季をテーマにした新マップや町が登場してそこが舞台になったり、
アンデッド系の新モンスターが登場する『バランドール地下通路』が出てくるなど新鮮味がありましたが、
以降は終盤まで(天候や時間帯が変わる場合があるものの)既存マップや町の使い回しです。
終盤に出てくる新マップも実質1つ(一応『異世界』、ラストダンジョンの2つもありますが、狭い)で、
クリア後に出現する『古の都ヴェルガンダ』を加えても、少ないと言わざるをえないでしょう。
もし本作がシリーズ初作品だったら、使い回しも問題なかったんでしょうが、
1作目に続く"新作"となってしまった以上、手抜きと言われても文句言えないでしょうヽ(`Д´)丿
つか、開発で苦労した点に物量を上げてるが、この状況を見るに、一体何が多かったのか・・・(’’?


あと細かいところで、

・『月姫』の登場が終盤で、出番が少ない。
・コンボを繰り出した時にログに表示されるのが、コンボ名じゃなくなった。
・面倒なモンスター、『スケルトン』の出現数が多すぎ!くどい!
・スキルのリセット(Lv36以上の場合)、アバターリメイクが有料。

というのもありますね。
特にコンボ名がログに出なくなったのは、
オンラインで色んな人のユニークなコンボ名を見て楽しんでいた私としては、寂しかったですね(;ω;


とまぁこんな感じで、前述の通り相変わらず「残念だ・・・」と思わせる部分が多いですね(--;
特にストーリーは、アップデートとかで改善のしようがないので、
しっかりと作りこんでおいてもらいたかったですね(´・ω・`)
ゲームのメインとなる戦闘はバッチリ改善されてますし、
新装備を集めるとか、『ジオラマ』を作るとか、『ジオネット』で他のプレーヤーと交流するとか、
いい部分や楽しめる要素も沢山あるだけに、本当にこの辺は残念だ(-ω-
総括すると、こんな感じかな(’’


そういえば、本作では最初から



タイトル画面にバージョン表記があるんですよね(゚ロ゚屮)屮
『サブクエスト』の追加とか、課金アイテムの追加を持ってバージョンアップになる可能性もありますが、
前作が、アップーデートでシステムを改善したり、新要素を追加していたことを考えると、
本作でもそういったものを期待してしまいますが、どうなんでしょうか(-ω-?
個人的には、



『フォーリア』の上の方に何も無い場所があり、



そこへ向かう道らしきものが作られていることから、
この辺に新マップが用意されたりしないかと期待してるんですが、果たして( ̄▽ ̄

あと、
アバターの変身ポーズのクリエイトの実装は、要望が高ければ検討する
という発言があるみたいなんですが、期待していいんでしょうかね( ̄ω ̄?



関連リンク:

【白騎士】光と闇パートも無事クリアしました( ̄ω ̄
【白騎士】アークナイトキターヽ(゜Д゜)丿
【白騎士】竜騎士キターヽ(゜Д゜)丿
【白騎士】エルドアさん、まさかの大活躍Σ( ̄□ ̄;
【白騎士】前作パート終わった~ヽ(^∇^*)ノ
【白騎士】聖剣入手&いよいよ大詰め!(`・ω・´)
【白騎士】『古の鼓動』と『光と闇の覚醒』グラフィック比較
【白騎士】 2nd.WAVEの『ジオラマ』を試してみたo(・ω・o(古の鼓動)
【白騎士】クリアしたので感想でも(古の鼓動)

白騎士物語

0 コメント :

コメントを投稿