2010年9月10日金曜日

【ACE】遊び倒したと思うので感想でも( ̄ω ̄



発売以来ずっと遊び続けている『Another Century's Episode:R』ですが、
『アーマード・クラン』もゲットしたことですし、いい加減遊び倒してると思うので、
そろそろ感想書きます( ̄ω ̄

とりあえず、『A.C.E 3』と比べて色々と欠点が指摘されてますし、
私自身もホント色々言ってたりしますし、ココでも色々書きますが、
それは、色々と豪華で、ある程度完成されてた前作と比べての話で、
このゲーム単体で見れば、良いゲームですo(・ω・o
(勿論、参戦作品数とか色々な水準がシリーズ1作目レベルに落ちてることは残念ですが・・・)

まず、やっぱり自分の好きな作品のロボットを自由に操れるというのが一番の魅力ですねo(・ω・o
勿論、モーションとかそこもうちょっと何とかならなかなったのか?と思えるような部分もありますが、
武装とか必殺技とか原作通り使えて(機体にもよりますが)種類も豊富ですし、
格闘攻撃以外は、ボタンの同時押しとか複雑なコマンド入力がいらず、簡単に出せるのも良かった。
コマンド入力が必要な格闘も、コマンド自体はスティックの上下と入力タイミングの組み合わせのみと、
それほど複雑ではないので、慣れればいろいろな技を簡単に出せるようになるのも良かったですね。
モーションも、前作の(一部機体で)剣で斬るというより棒でぶっ叩くといったモーションから、
ちゃんと斬っているように見える滑らかな動きに改善されていたのもよかった。
加えて、(まだまだ改良の余地がありますが)敵を掴んで別の敵に投げつけたり、盾にしたりできる、
『掴み攻撃』が加わったので、攻撃の幅が増えましたo(・ω・o

あと、やっぱり戦闘が爽快ですね。
効率良く戦おうと思ったら、完全に静止したり、低速移動する回数が多くなり、
常に高速で飛び回り続けていた前作の戦闘と比べるとスピード感で劣りますが、
それでも、『ハイパーブースト』による高速移動時のスピード感はかなりのものですし、
操作系が一新され、上下方向に向かっての高速移動も可能になったので、操作性がかなり良くなりました。
なんだかんだ言って、戦闘中『ハイパーブースト』を使う機会も結構多いので、
前作より劣ると言っても、スピード感はかなりのもので、飛び回るのがキモチイイですo(・ω・o




また、大量のミサイルや弾幕を華麗に避けたり、何本ものレーザーの合間を縫って飛び回り、
敵を次々と撃破していける戦闘は、タイトル通りエース気分を味わえていいですo(・ω・o
前述の通りの武装の豊富さや、機体によっては特性の違う形態への変形があったりして、
それらを状況に応じて使い分けていくのも楽しいです。

それから、勿論過去作から改善された部分もあります。
過去作の宇宙では、地上のような上下の概念が無く、上下逆さまになったまま戦闘できました。
が、その所為でレーダーが使い物にならなくなり、
現在地や敵機との位置関係が把握できず、とても戦い辛くなっていました。
また、地上での操作感覚と違っているのが人によっては問題でした。
ですが今作では、宇宙でも地上と同じく上下が固定になり、ほぼ区別が無くなりました。
これによってレーダーが見やすくなり、敵との位置関係や現在地の把握が容易で、
一部の機体を除いて操作感覚も統一されたので、戦いやすくなっています。

また、上下固定になったことで自由な移動が出来ないかと言えばそんなことはなく、
前述の通り『ハイパーブースト』で上下方向にも高速移動ができるようになっているので、
コレまで通り、あらゆる方向に自由に飛び回ることが出来ます。
そうそう、前作の宇宙では、
左右への旋回が左スティック、上下方向の旋回が右スティックと、別々のスティックに割り当てられていたんですが、
それが左スティックに一本化され、操作性が向上したのもよかったです。
この辺は、シリーズ通して気になっていたので、凄く嬉しい改善ですねo(・ω・o

後は、寮機との連携攻撃(『サポート攻撃』)が、敵を倒して溜めたゲージを消費するタイプから、
自機または寮機のHPを個別に消費するタイプに変更になったのも個人的にはよかったかな(’’
というのも、ゲージを溜めて使うタイプと違って何時でも好きな時に使えるので、
ここぞという時に使えなかったとか、結局ミッション終了まで使えずじまいということがありません。
また、『サポート攻撃』はパイロットによって、範囲攻撃や自機のHP回復など効果に違いがあり、
寮機の組み合わせやHPのマネージメント次第で戦況が大きく変わったりしますので、
戦い方の幅を広げているのもいいですねo(・ω・o
ただ、前作までは機体の組み合わせによって、
原作の1シーンを再現した専用攻撃や、作品の枠を超えたコンビネーション攻撃が用意されていたのが、
無くなってしまっていたのは、とても残念でしたけどね(´・ω・`)

その他よかった点として、
  • 原作を再現したムービーなどでは気分も非常に盛り上がること。
  • 一部を除き、ゲーム中のBGMをHDDに保存した音楽に差し替えられること。
    しかも、ムービー、ザコ戦、ボス戦といった、シーンごとに設定可能なのがいいですね。
    ただ、設定画面の説明が不親切すぎて、
    どの項目がどのシーンなのか分からないという問題がありますが・・・
  • HDDにインストール中に、チュートリアルをプレイ出来る事。
    インストールはそれなりに時間が掛かるのですが、その間に操作の練習ができるので、
    割とスムーズにゲームを始められました。


続いて、残念だった部分。

まず、多分本作をやった人全員が指摘すると思いますが、
ロックオンシステムがダメすぎます。特に、デフォルトの設定!ヽ(`Д´)丿
例えば、眼前の最重要ターゲットを無視して、自機の遙か後方の雑魚をロックオンするといった、
不可解極まりない挙動ばかりしてくれます(--;
また、L2+右スティックでマニュアル照準が可能なのですが、
操作中は☓ボタンを押すことが事実上不可能なので、回避行動ができず攻撃され放題になるのに、
照準の挙動がPSPのシュータータイトルのような操作しづらい挙動で、
更に、L2を押した瞬間に別のターゲットをロックオンしてしまい、視点があさっての方向向いたりとか、
敵をロックオンしないままL2を離すと視点がリセットされてしまったりとか、
そもそも、照準をしっかりターゲットに重ねてロックオンサイトまで表示されたのに、
何故かちゃんとロックオンされなかったりとか、兎に角全体的に挙動がおかしいです。
一応、「画面内優先」「機体が向いている方向優先」「近距離優先」という3つのロックオン設定があり、
切り替えることでそれなりに改善しますし、
そもそもロックの切り替えが必要な状況自体が少ないですが、
やはりこの辺は調整しておいて欲しかったですね。

次に、通称『NSM』!
一部ムービーが、スキップしようとすると、
『Not Skip Movie』と表示されスキップ出来ないという謎仕様になっています。
そのムービーが短ければいいのですが、中には5分以上と長いものも含まれていて、
周回プレイ時に非常にイライラさせられます。
(ついでに、5分以上のムービーがあるミッションを、全機でプレイするのがトロフィーの条件だったり)
これは、今からでも改善すべき問題点ですね(--

それから、これはシリーズ通してそうなのですが、いい加減ファイター形態に活躍の場を与えて欲しい。
機種の上下・旋回が鈍重すぎて、これではとても使い物になりません。
特に操作方法をエキスパートにした場合、ロールすらも鈍重なので、まともな操作すら不可能になっています。
加えて本作では、『ハイパーブースト』中に攻撃ができないのですが、
これがファイター形態にも当てはまり、遅い飛行速度で戦わざるをえないのでファイター形態の魅力が・・・
しかも一部機体では、『ハイパーブースト』を解除すると減速モーションが入って隙ができるので、
更に使いづらさに拍車がかかっています。
せめてファイター形態の時くらい、『ハイパーブースト』中でも攻撃できたら良かったんですが・・・
一応『チェイスモード』がありますが、これは蛇足感がありますしね(--
オープニングのような機動で戦闘がしたいです(’’

あと、前作までとの大きな変更点として、飛行能力の無い機体は飛べなくなりました。
また、飛行能力があっても重力下では常に落下してしまう機体も出てきました。
が、これはやめて欲しかったですね。
単純に操作しづらいだけですし、なにより『フルメタル・パニック』勢が可哀想すぎます。



過去作同様、空を飛べない機体も問答無用で飛行させるシステムの方が良かったと思います。


その他、個人的に気になった部分として、
  • 横方向に『ハイパーブースト』が出来ない事。
    相手をグルっと回り込む様にブーストしたりしたかったです。
  • 一部機体の近接攻撃のモーションが遅すぎるのと、
    敵に割り込まれるくらい、近接攻撃の出が遅い事。
  • ガードの出が遅い事。
    回避メインのゲームなのであまり使う機会が無いからいいのですが、盾を構えるまでが遅いですし、
    何よりパレットを切り替えないと使えないというのが気になりました。
    パレット切り替えを方向キーに固定、L1をガードで良かったんじゃ・・・

  • エリアオーバー警告時の爆発の演出が邪魔すぎる事。
    最初は警告のみで、爆発はエリアオーバーペナルティー発生までの
    カウントダウンが終わってからでよかったと思います。
  • オプションで上下反転の設定が、機種の上下と視点の上下を別に設定できない事。
  • 会話イベントがフルボイスじゃなくなったこと。
    ちなみに前作では、
    1.ミッション終了時会話イベント
    2.デブリーフィング
    3.インターミッション会話イベント
    4.ブリーフィング
    5.出撃前会話イベント(キャラクターの組み合わせによっては更に専用会話イベント発生)
    と、一体何時になったら次のミッションが始まるんだというくらい、
    フルボイスによる会話量が半端じゃなかった。


とまぁ、こんな感じですね(-ω-
ハードが変わって過去作の資産が流用できなかったりとか、
ゲームシステムを根本から変えたことによる弊害などで、色々と欠点が出てきてしまってますね。
ですが、最初に書いた通り、この辺は豪華だった前作と比べての話です。
本作単体でみれば良いソフトであることに変わりはないので、
好きな作品が参戦しているなら、買ってみて損はないと思いますよo(・ω・o
そして、欠点の解消については次回作以降に期待したいですね( ̄ω ̄


関連リンク:

0 コメント :

コメントを投稿