2010年11月10日水曜日

【週トロ】ツッコミ所が多いが、大丈夫か?(゚ロ゚屮)屮

実はブログを書く前に、どんな内容を書こうか軽くメモったものがあるのですが・・・
メモるのはいいのですが、今までそのメモを実際に使ったことがありません(-ω-
というわけで、折角だから使ってみようかと思って、
メモったけど、今まで記事にして無かったコトを書いてみました( ̄ω ̄

で、その話題というのが、タイトルにもある通り、先週の『週トロ』の『ヴァンキッシュ』特集で、
色々とツッコミ所が多かったが、大丈夫か?というもの( ̄ω ̄
具体的には、



クロ:
並み居る敵をバンバン撃ち倒すシューティングゲームも・・・
フィールドを 駆けまわって障害を乗り越えるアクションゲームも・・・

(中略)

そんな相反する 要素を絶妙なバランスで 融合させ完成させたのが、
この『VANQUISH』なのみャ!」

とのコトですが・・・
フィールドを駆けまわる要素も、障害を乗り越えるアクションも無いような・・・(・・;



その後、クロ自身が言っているように、
この「ハイテンション&ハイスピードのゲーム展開を可能にしている2つのアクション」である、
『ブースト』と『ARモード』による、今までに無いアグレッシブなプレイ感覚のTPSというのが、
この『VANQUISH』の「既存のジャンルに当てはまらない!!!」に当たる特徴だと思います(-ω-
(高速移動やジャンプ中に狙撃ができる程のアグレッシブさは、このゲーム以外に無いだろうな( ̄ω ̄)
どちらかというと、クロが言っているゲームは『アンチャーテッド』シリーズのが近いと思う(’ω’


次に・・・



クロ・・・
そのデカイ頭が仇となって、それじゃ隠れられてないぞ(*´艸`)
まぁでも、このシーンのトロもクロも、可愛いからいいんですけどね(´ω`*)
可愛いは正義ですΣd( ̄ω ̄

それにしても、カバーアクション説明中のこの



『きのこる先生』ネタは、改行しちゃダメだろ( ̄ω ̄
これじゃ、単なる正しい日本語だよ(-ω-


次は・・・



トロ:
だけど
カバーアクションで使うしゃへいぶつって
壊れたりしないのニャ?

クロ:
大丈夫だ 問題ないみャ
なんたって ミサイルが飛んできてもビクともしないからみャ

エルシャダイ・・・(*´艸`)
じゃなくて、一応「防げない攻撃もある」という補足も入ってますし、
ミサイルを含め、確かに大抵の攻撃を防いではくれますが、
遮蔽物は、自分の攻撃や敵の攻撃で、壊れることもあるんですよね(’’
ドリルロマノフが居た日には、それはもう大惨事ですよ・・・(--;
と言うワケで、過信は禁物です(-ω-A゛


と言う感じで色々ツッコミ所があったワケですが、
この辺ならまだ、"認識の違い"その他程度で済む問題です。
問題は、ゲームシステムの説明が根本から間違ってる部分があったこと!
具体的には、



近接攻撃は、『エネルギーゲージ』を大幅に消費するのではなく、
(敵にヒットすると)"全部"消費します(『ディスクランチャー』のみゲージではなく弾を消費)。


次に、その『エネルギーゲージ』の説明に、



「サムの体力であったり~」と有りますが、体力とは無関係です。
体力は体力で別にありますので、

クロ:
ただ、オーバーヒート中にある程度 攻撃を受けると
ゲームオーバーになっちゃうからそこだけ気をつけれ

この説明も間違っていて、
オーバーヒートしてなくても、一定以上のダメージを受ければゲームオーバーになります。
(ついでに言うと、一撃死の攻撃をしてくる敵も居ます)
ただ、



オーバーヒート中はやられやすくなりますし、
ゲージがある状態で瀕死になると、自動的に『ARモード』が発動してオーバーヒートまで行くので、
まぁ、実際のゲーム中も、『トロステ』の説明と似たようなもんかもしれませんが(-ω-


それから、



「エネルギーを沢山使えば一撃必殺~」なんてシステムも存在しません。
多分、近接攻撃のことを一撃必殺と呼んでるんだと思いますが(実際、説明書でも似たような説明)、
前述の通り、近接攻撃は、残量に関わらず『エネルギーゲージ』を"全て"消費しますので、
消費量に"多い"とか"少ない"といった概念は有りません。
(チャージできたりパンチの連打だったりと、武器ごとの個性はありますが)

あぁそうそう、近接攻撃と言えば、クロが自分のプレイスタイルとして、



クロ:
まず ブーストで相手に近づく!
そんでもって 接近攻撃で相手をふっ飛ばしてARモード発動!
あとは 弾を叩き込めるだけ叩きこんで~
トドメをさすってのが最高にキモチいいみャ!

この行動自体は可能なのですが、
(『ブースト』中の近接攻撃が何かに当たるとジャンプでき、ジャンプ中は『ARモード』発動可能)
上記の通り、近接攻撃を当てるとゲージが無くなりますので、真似するときはご注意を(-ω-

後は・・・



クロ:
ブーストは 移動速度が大幅にアップし、
離れた場所への移動や接敵・・・
攻撃を 回避したりする事もデキるみャ

『ブースト』で攻撃が回避できるような記述もありますが、
確かに回避に使えないこともないですが、一番の雑魚でも普通に『ブースト』中に攻撃当ててきます(;;
このゲーム、かなり鬼です( ̄□ ̄;


最後に、これはまぁ間違いではないんですが、



『ARモード』の説明が"敵の"動きがスローになるみたいに書いてありますが、
敵だけじゃなく、自分も含む全てがスローになります(照準の速度だけ普通)。


とまぁこんな感じで、ゲームシステム面の説明で間違っている部分があるので、
『トロステ』を見て購入するかたは注意です(-ω-
(と、こんな所に書いても無意味でしょうが( ̄ω ̄)


でも、今回の『トロステ』で一番ツッコミたかったのは、この辺ですね↓



まるでエレナがしっかりサポートしてくれるみたいな記述がありますが、
爆弾の起爆スイッチを押してから、「安全な場所に退避できたら合図する」と無線してきたり、
即死攻撃を食らってから、「当たると即死」と無線してきたりと、
サポートが全然しっかりしていませんヽ(`Д´)丿
(それは、「お前が話を最後まで聞かないからだろ!」とツッコまれそうだが、気にしないでおこう(-ω-)

それから、やっぱりコレですね↓



「やりごたえのある~」「マニアには挑戦し甲斐のある~」って、"ありすぎ"ですよっヽ(゜Д゜)丿
未だに『チャレンジ6』をクリアできません( ̄□ ̄;
一体何を目指してあんな難易度にしたんですかっ・゚・(つД`)・゚・

0 コメント :

コメントを投稿