2012年4月12日木曜日

実写版『宇宙戦艦ヤマト』を見た・・・んだが(・・;

昨日放送していた『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を録画してあったので、
今日見てみたんですが・・・

実はこの作品、番宣の段階で分かったセットの安っぽさと、
アニメのノリをそのまま持ってきて痛々しくなっている他の作品の影響で、
(本作で言ったら、コスプレにしか見えない制服など)
今まで見ようと思えなかった作品だったんですよね。

でも、子供の頃からヤマトが好きだったことと、
CGは凄そうだったので、折角だから見てみることに(`・ω・´)

でも・・・(´・ω・`)

なんというか・・・

これはヒドイ!Σ(゜゜

まず、話がどこも急展開すぎる!そしてその所為で軽い!
尺の都合上、ある程度の急展開はやむを得ないことですが、
それにしたって限度がある!
しかも、そんな状態なのに、『さらば宇宙戦艦ヤマト』の要素まで詰め込んでるから質が悪い(´・ω・`)

具体的には、

まず、古代守の死亡と沖田艦長の撤退シーン。
戦闘を全然描かず、戦闘開始直後に撤退するというアッサリ具合なので凄く軽い。
撤退時に古代守の艦以外の艦や残骸などが映ってないのも、軽さに拍車をかけてます。

次に、ヤマト発進シーン。
発進から波動砲の発射までをワンセットで描いている上、
両方とも凄くアッサリ終わってしまい、
特に波動砲の方は、ターゲットが原作で主砲で撃ち落とされたミサイルなので、
名シーンのはずなのに非常に物足りないです( ̄□ ̄;
(あと、このシーンを筆頭に、波動砲が切り札から通常兵器に格下げされてしまった(-ω-;)

その後のワープシーンも、

艦長「ワープ!」
島「ワープします!」

のたった二言で終わってしまうという、
"既にワープ航法が確立されてて、当たり前に行われている"かのような描き方なため、
ワープの前の艦長の言葉や、成功後のみんなの大喜びシーンが凄く寒い。

途中行われる戦闘も、とりあえず戦闘始まったら波動砲撃っときゃいいや的なノリでアッサリ終わり、
ドメル艦隊との激戦など、原作にあった手に汗握るような戦闘シーンは無しという端折りっぷりで、
その上、敵の攻撃が来たのでその方向に波動砲を撃ったら、
敵が消滅(爆発のみで敵艦は描かれず)して戦闘終了という、
敵の存在感が全くない戦闘もあったな( ̄□ ̄;
そのくせ、古代進がただ落ちるだけの、何の意味もないシーンを、
さも重要なシーンの如く挿入してるんだよな(--;
おかげで、盛り上がりも何もないです。

極めつけは、古代進と森雪の関係。
ストーリーのどこに二人がくっつく要素があったよ(゚ロ゚屮)屮
映画の説明には、

映画の魅力はなんといっても超大迫力のCGによる映像、そして仲間たちを思う人間関係の描写です

とあるが、ニコポ、ナデポ展開をやっといて、"魅力は人間関係の描写です"はないだろ( ̄□ ̄;

ついでに、イスカンダルに向けた最後のワープの瞬間、
古代はといえば、艦長代理になっているというのに、この肝心な時に雪を押し倒していたため、
到着シーンが台無しである( ̄□ ̄;

あと人間関係と言えば、正直、余分に思える登場人物いますよね。
森雪がブラックタイガーのパイロットやるんだったら、
チーム古代は全員いらなかったと思いますし、斎藤もいらなかったんじゃないかと思います。
(原作の斎藤は『さらば宇宙戦艦ヤマト』のキャラクターですしね)
この辺の人員を整理して、もうちょっと主要人物の描写に尺を割いていれば、
少しはまともになったんじゃないかと思うんですけどねぇ(-ω-

こんな感じで、なんかもうね・・・
必要なシーンを全部端折って、余分なシーン詰め合わせた感がホント酷い。
ヤマト好きだからって映画館行かなくてよかったと思える作品でした。


ただ、そんな作品にも一応見所はあって、
やっぱりCGは凄かったです。
もっともこの部分も、被弾シーンを全部ブリッジのセットの中で済ます(被弾シーンを作ってない)など、
「予算尽きたのか?」と思わせるような場面があって残念なんだが・・・(-ω-;

あと、安藤の死亡フラグの回収は、本当に見事だったΣd( ̄ω ̄
ヤマトの第三艦橋と言えば、敵艦の自爆で吹き飛んだり、濃硫酸の海に落下したりするので、
そこへの配属されるだけで死亡フラグと言えるが、その上、
「俺 絶対 地球帰るから」
と発言し、更なるフラグを立て、そしてガッツリ回収していくという、
死亡フラグ回収の手本的な活躍をしていました。
素晴らしい(*´艸`)


そうそう、どうでもいい疑問が1点、
アニメでは、コスモゼロが発艦する艦尾にあるカタパルトが、
本作では結局使われることはありませんでしたが、
となると、本作におけるアレは何の役割をしてるんでしょうね(’’?

0 コメント :

コメントを投稿