2012年10月3日水曜日

【3DCG】初めて本格的にポリゴンを弄った( ̄ω ̄



『CLIP STUDIO PAINT』用の小物でも作れないかなと、
先日『Shade 13』を買ったワケですが、
今までは専ら、慣れた『自由曲面』でのモデリングをしてました。

ですが、折角『Shade』のポリゴン周りが強化されているので、
初めて、本格的なポリゴンでのモデリングに挑戦してみました(`・ω・´)

といっても、いきなり何か作ろうとしても無理なので、
コチラの『Metasequoia』のローポリで作られたサンプルを、
ハイポリゴン化してみることにしました(`・ω・´)

つことで、マニュアルやネットを見ながら、
慣れない編集機能をアレヤコレヤと弄ったワケですが・・・

女の子をグルグル回したり拡大しながら、
あんなところやこんなところを、
ガッツリ凝視して弄り回している様は、
紛うことなき変態に思えて作業しづらかった(((( ;゚д゚)))

まぁ、服やアクセサリーなどパーツごとに分割された左半身を
編集に関わるパーツのみ表示して作業してるので、
傍から見たら何を弄ってるかわからないと思いますが(-ω-A゛

んで、慣れない機能&操作と、
なんだかいたたまれない気持ちと闘いながら何とか完成したモデルは・・・

あまりバランスを意識しなかったせいか、
全体的に滑らかにはなったものの、
腕とか思いっきり太ってしまった( ̄□ ̄;
コレは失敗だ・・・(´・ω・`)

でも、おかげでポリゴンでのモデリングの理屈は分かった気がしました(’’A゛
そして、人を作るってやっぱり難しいと思った(-ω-

0 コメント :

コメントを投稿